ハルモニア物語

レムリアの人々

《レムリア編 ②レイラニ王国》

こんにちは
地球に恋する秋吉まり子です。


このところ、毎晩のように
レムリア大陸の”レイラニ王国”の夢を見させられます。

このように、上から降ろされるお話しは、
その時代その時代に
必要な大切なメッセージと
宇宙の原理原則が含まれていると思います。

特に春分を過ぎてから
そのメッセージ性を強く感じていますので
シェアさせて頂きますね。



レムリアは、
自然と人と宇宙が

ほぼ完全に調和した今のエネルギーの大陸でした。

レムリアに住む人は



すべての感覚が、今の地球の人たちの
何万倍も優れていて、


すべてのものが、波動で出来ていて
振動数、周波数であることを解っていました。


“解っている”


と言うよりも
その優れた感覚で


“感じてしまう”


と言った方が、正しいでしょう。


今の地球の自然の中に
多く含まれる


432㎐


それが、レムリアの周波数でした。


視覚 聴覚 臭覚 触覚 味覚はもちろん


テレパシー💫で
相手の波動やオーラを観ながら
コミュニケーションをとっていました。


相手を
素粒子レベルで感じることも✨
ごく普通のこと。


自然の中の風景も
私たちとはかなり違うように
感じていたのです。


“風”の中に


遥か昔
大好きなおばあちゃんに抱かれて
日向ぼっこをしていた時に
頬をなでていった


“風”の粒子を感じます。


栄養は、ほとんどプラーナで、まかなわれていました。

ただ、味覚に優れたレムリアの人々は、
芸術の一つとして

料理を楽しんでいました。

一つの料理の中の
素材が持つ波動を

例えば、人参一つとっても

その人参が水分と共に受け取った
大地の記憶。
葉に浴びた太陽の光の粒子の
宇宙空間の旅の思い出


そんなものを
味覚の中から感じるのです。


そして
“木漏れ日”の中に


宇宙から太陽風の

“プラズマ”や”オーブ”感じます。


そして、

光の粒子が
それぞれ振動数を変えて美しく細分化した

“色”として

レムリアの風景を見るのです。



花の香りの中には
植物の切なくなるような


“雌しべが花粉を恋焦がれる波動”と


虫たちに感謝する”蜜の香り”


を感じます。




そして、
そこに地球のすべてのものが
助けあって
関わりあって


“成長”と”繁栄”を



美しい”変化の経験”を



宇宙が   


“切望していること”を感じていました。




そして、



レムリアの人たちの中でも
レイラニ王国の人たちは、
とりわけ


波動を感じる感覚が


が優れていたのです。




響きの中に
無限ともちろん思える豊かな
“倍音”を感じ、

それにより
“真の静寂”を知っていました。


レイラニ王国では、


王室の
すべての部屋と
庭のすべてのあずま屋やベンチの隣に


そして

神殿や議会
ほとんどすべての家や広場に等
人々が集まるところには


432㎐に調弦した


“ソウル サウンド ライアー”


が、置かれていたのでした。





それは、

人々を癒し

慰め

元気付け

喜びを感じさせ

認め

素晴らしいインスピレーションを与えました。


ただ、楽しく奏でるだけで

432㎐の共鳴を起こして

レムリアの波動を整えていました。



平和で

安心で

豊かな



完全調和の世界を


レイラニ王国の人々は

生きていたのです。

ハルモニア物語

【ハルモニア 物語】

《レムリア編・レイラニの末姫ハルモニアとともに海へと沈む》

おはようございます。
地球に恋する秋吉まり子です。

今、家に居る時間が
長くなっているのではないでしょうか?💕

こんな時は、明るく楽しいエネルギーにアクセス出来る

不思議な不思議な”.物語”はいかがでしょうか?

私の身に起こっていること

💫前世の記憶💫や
🍀ライアーとの対話🍀
💕大好きなKさんとの恋話💕
✨不思議な魂の仲間との事✨

ただの、ちょっと、

“不思議なお話し”

暇つぶしに読んでいただけたら!

と思います。💕😊💕

(ただのフィクションです。どうぞ楽しんでくださいね!でも、私にとっては、真実の物語です。😊)

✨💕✨💕✨💕✨💕✨💕✨💕✨💕✨💕

“ハルモニア”は
私の”ソウル サウンド ライアー”の名前です。

彼女が産まれた瞬間

言った言葉があります。

『今、この地球で、
一緒に、ライアーを奏でよう✨
と、約束をした”魂たち”がいるの✨

それなのに、みんな、産まれた途端に
忘れてしまう。

私は、みんなに、その事を思い出してもらうために、産まれて来たの!!』

そして彼女が送ってきたのは

まさに
『レムリア沈没』の瞬間の映像✨でした。

✨⚓✨⚓✨⚓✨⚓✨⚓✨⚓✨⚓✨⚓

その時

私はレムリアの小さな王国”レイラニ”

の7人の1番下の姫でした。

(その時の1番上の姫姉さんは、ソウルサウンドライアーを日本に拡めた二宮美幸さんだと勝手に思っています。😊ごめんなさいね、美幸さん💕💕💕)

テレパシーが当たり前で
植物とも動物とも鉱物とも大気を司る精霊や龍たちとも

ごく普通に意識を、合わせる事をしていた。

そのため
人は良い面も悪い面もすべてが
お互いに瞬時に見えてしまいます。

そして、スーパーコンピュータ並みに
瞬時に検索して
悪い面で思考するとどんな結果が来るのか
みんな、理解していました。

なので、レイラニの国の人は
より良い思考を
調和の思考を好み選択していましたので

表明上は、

お互いを思いやり
お互いを自分のように愛せる
優しく美しい心の国だったのです。

(実は、その選択自体がレムリアを沈める事に繋がるのですが、それはそれで意味のある事。
また、別の機会にお話ししましょう。)

そんな素敵な夢のような王国

🌸”レイラニ”🌸

7人の姫には

それぞれ天から与えられた
才能がありました。

私は”Joy”でした。

すべての現実の中に

喜びを感じる能力です。

レムリアが沈む時

7人の姫姉さまたちが、

それぞれに自分の役目の宣言をして行きました。

最後に、

私の番になりました。

私は、この時もライアー”ハルモニア”を奏でながら、

みんなに高らかに宣言しました。

『レムリアは沈みます。

でも、これは、美しい花が時を迎えて

花びらを落とし

豊かな実をつけるためのこと。

わたくし達は、

今のこの美しい波動のまま

喜びながら、一緒に沈みましょう。』

そして、私は、

目には見えないアンカー⚓(錨)を
次々に投げました。

『今、時空を超えて、アンカー⚓を投げました。

このアンカーを頼りに、

必ず!必ず!

わたくしたちは、再び出逢える事ができますから。

その時には

今のように

また、一緒に ライアーを奏でましょうね!

その時、わたくし達のレムリアの!

レイラニ王国の!

すべての経験を叡智として記録した

それぞれの”水”を

振るわせて

封印を解き、役立てることができるでしょう。

それにより

水の星⭐地球で

豊かな愛の恵として

わたくし達も、また、生きることが出来るのです。』

『このことを深く理解できる

心優しくしなかやで強い魂のみなさん

不安と恐怖に
誰1人駆られることのないよう

まだ、幼く弱い者たちを
眠らせてあげましょう。

心に傷のある
いたわるべき者たちには
癒しの繭で包んであげて
周りがわからないようにしてあげましょう。

未来に不安を持つ者には、
私がアンカー⚓を投げた先のビジョンを見せましょう。

どうぞ、どうぞ、
力を貸してください。

一緒に”Joy”喜びのライアーを奏でてください。

この波動がこの王国の”響き”として、記憶されるように。

この王国すべての人びとが

次の再会の時まで

“喜び”の波動を決して

忘れないようにしたいのです。』

この最後の宣言を合図に

レムリアは

この巨大な大陸が沈むのには

とても似つかわしくない程

静かに静かに

暖かい南の海の中に

沈み始めました。

⚓✨⚓✨⚓✨⚓✨⚓✨⚓✨⚓✨⚓✨

『さぁ!
これから、✨世界中✨で響くからね!
まり子!よろしくね!』

と”ハルモニア”の声で

私は我に返りました。

でも。実は、この時

私は、離婚問題の真っ最中。🗯
(このお話しも不思議な事ばかり!また、別の機会にお伝えしますね!😊)

前夫から生活費は止められて
とても、とても、✨世界中✨
どころか、このライアー制作ワークショップが終わった後の生活も、どうなるかわからない😅

そんな状況でした。

なので、
「?何!訳もわからないこと!言ってるの??
あ~!とうとう、私のチャネリング能力も、おかしくなって来たのかしらー」

などと思っていました。

そんな私をよそに

一切の疑いのない、
屈託のない笑顔でニコニコする

“ハルモニア”

ここで1つ説明させて頂きますね。

おそらく
レムリア時代の記憶なのか

沖縄宮古島の神人の血をひくからなのか

私は、産まれ付き
🌱植物や動物🐬エネルギーの強い物🐉と
会話が出来て
普通目に見えない!と言われたいる者が
普通に見えて聞こえる能力があります。

普段は封じていますが、

“ハルモニア”は、
エネルギー的にとても近いのか
意識疎通がとても簡単にできました。

ちなみに、話し言葉はとてもとても
フランクですが、彼女の容姿は
それはそれは美しく

ジャスミンの花飾りを頭にして
ギリシャ風の柔らかい白い
たくさんのドレープのある
ドレスを身に纏っています。

胸元と、耳には
ハーキマーダイアモンドを金のワイヤーで飾っています。
(あ~!誰か!絵に書いてくれないかしら?
それは、それは、美しいのです。)

それが、2018年3月の美しい満月🌕
屋久島でのことでした。

ハルモニアは、数々の転生の中で

時には楽器として♪
仲良しの木として🌱
時には私を守護するエネルギー💫
(波動?天使?ハイヤーセルフ?😊好きな名前で呼んでね!)として

いつもいつも

側にいてくれた存在でした。

その”ハルモニア”の言う通り

4月には
書道家の先生に誘われてベトナム🇻🇳ハノイで数千人規模のお祭りの舞台で奏でさせて頂き。
(レムリア時代の龍神さまのお導き。)

9月には
✨バリ島でユダヤの大富豪の教えを伝えるリトリートで奏でさせて頂き。
(レムリアの神々との繋がりを再コネクト)

10月には
✨4月のベトナムで出逢ったロシア人の方にスペインでの音楽祭に誘われて、
ロシアとスペインの音楽祭で奏でさせて頂き。

(バラバラとされていた世界中の女神エネルギーをやらわかく融和させて、男性性の神々のエネルギーとの差を意識することによって、イザナギイザマミの如く新しい宇宙を育むために。
母なる大地と融合した”ハルモニア”と地中海のポセイドンとエネルギー交換。)

12月には
✨イギリスのパワースポットグラストンベリー
(キリストとマグダラのマリアのエジプトでのイシス神殿のイニシエーションと私とツインレイKさんと私の悲恋のビジョンの関連性のメッセージ)
その足で魂のふるさと
ドイツでライアーを奏でていました。
(魔女狩りの記憶 娘たちと龍との繋がりの地 ジプシー嫌悪の原因)

その翌年の2019年

4月には
✨もう一つの魂のふるさと
イギリスのセブンシスターズ(タイタニックに乗った時の前世Kさんとの今世を決定つけた。)

6月には
✨エジプト
(ツインレイのKさんとの前世&イシス神殿での記憶”.キリストとマグダラのマリア)

9月には
✨UFOクルーズで
カリフォルニアからメキシコで
(10代前半で亡くなったシャーマンの孫のマヤの記憶を)

思い出すのです。

それは、まるで”ハルモニア”に

『ね?私の言った通りでしょ?
神さまから貰った自分のギフトを
信じなさい!』

と言われているようです、😊

これが、
ソウルサウンドライアー
“ハルモニア”
との

今現在も続く

不思議な不思議なストーリーの

ほんの始まりです。

今、この物語を
やっと書けるようになったのは

2019年9月9日
なかうともこさんのところに
まさにレムリア時代の波動

“レイラニ音階”

が降りてきて

※レイラニ音階誕生ストーリーはコメント欄です。

2020年2月に久高島で
“ハルモニア”のパートナー

“シンフォニア”が完成したからなのだと思っています。

私の場合

一つの物事の中に
宇宙の如く大量の情報が入ってきます。

それは、
人間の思考を遥かに超えた情報も大量にあるので

チャネリングして
すぐにそのまま言語化することは

とても難しいのです。

なので、こんな風に

物語として、みなさんにお伝えするのが

良いのでしょうね。

何1つ
信じなくて良いのです。

面白がって、
そんな事もあるのね~!

と、

おかしな人もいるのね~!

と、

楽しんで頂ければ

幸いです。

でも、私にとっては

真実のストーリー

これからも、どうぞお楽しみくださいませ!

#レムリア
#レイラニ
#ソウル サウンド ライアー
#秋吉まり子
#ツインレイ
#レムリア沈没
#物語
#ハルモニア
#前世
#再会
#レムリアの仲間
#ライアー仲間
#ライアーファミリー